消費税増税中止を訴えて、街頭宣伝にとりくみました

前夜の雨の影響か動物園への来場者も少なめでしたが、それでも足ととめたくさんの方が署名に協力をしていただけました。

民商からの参加が少なかったのが残念!

*****************************

消費税増税中止宣伝9月7日の宣伝には、名古屋東部民商と千種区で活動している年金者組合、千種名東労連、そして保育園のみなさんの総勢15人余が参加してのとりくみとなりました。

はじめに、民商の高橋会長がマイクを握り「今年4月から消費税が8%に増税された」「業者にとってこの増税は大変な苦しみとなっている、これ以上の増税は絶対に許せないし直ちに5%へ戻してほしい」と訴えました。

年金者組合からは「消費税率があげられ、高齢者の医療費負担もあげられた。上がり食品や生活必需品がどんどんと値上がりされているのに年金だけが減らされ、生活すらできない」と怒りの声が上げられました。また、若い保育士の青年は「保育の現場に民間の企業が参入しやすく制度が改悪されようとしているが絶対に食い止めたい」とマイクを使って訴えていました。