9月29日、税金いっせい納付相談・行動日を開催して、役員、事務局5人が参加しました。

税務署に一人で行きにくいのはみんな同じ、だからいっしょに励ましあいながら納付相談、納付行動にご参加ください。

 

************************
**********************************

 

 

 9月29日、千種税務署「いっせい納付相談行動日」にとりくみました。
午後3時に山本さん(千種区・飲食業)が事務所に来られ打合せをおこないました。

山本さんからは「市税事務所から電話があり、分割で納めていても終わらないので、納付計画を見直して』と言われた」「税務署からも一括で納めてなどと言われるのではないか」と心配の様子でした。
事務局から「生活の状況なども出して誠意を示しながら話をしてみよう」と励まされて税務署へ行く事ができました。
税務署では役員さんらも来ており、さっそく徴収課長を呼んで納付相談を行いました。

山本さんは、商売の収支計算と生活費のやりくりを示す資料を示しながら『本当にたいへん』と営業の状況を説明しました。
徴収課長も「資料をみせてもらったがたしかに、生活費をとると平均して5万円くらいしか残らないですね」と言いつつも、「だからと言ってこの金額では終わらない」「来年の確定申告で発生する税金は期限までに納めてもらい、滞納分の税金は早く納めてもらうように計画をつくってほしい」との事でした。
山本さんは「次回には計画を示したい」と話し、予定した金額を納めました。

 

10月は27日(月)の予定です。