第17回愛知商工交流会11月6日、東別院会館にて第17回愛知商工交流会が開催され県下の民商から143名が参加をしました。

 商工交流会午前中は『中小業者の今と未来を考える~今のやり方を少し変えてみる~』をテーマに経営コンサルタントの石田仁さんのから「『売り上げ-経費=利益』ではなく『利益=売上-経費』の利益実現の計画が大切」「大手がやらないような商売の工夫が大切」など、全国で頑張っている業者の姿も紹介しながらわかりやすい講演がおこなわれました。

 また、5つに別れて行われた午後からの分科会では、杉本さんをはじめ平林さんや加藤三重子さんが発言をおこない、商売の経験や苦労など楽しく交流と学習がおこなわれました。

 今年の商工交流会には、名古屋東部民主商工会から6人が参加し「すごく良い話だったので民商でも改めてみんなで学習したい」「今日の講演を商売に活かせるように工夫していきたい」などの感想がよせられました。