4月13日、1人親方保険と労働保険事務組合年度更新説明会が金山の特殊陶業市民会館で開催され事務局が加しました
労働保険は毎年4月1日から翌年3月31日までを年度として保険料従業員の給与や請負工事高で計算します。
民商では会員さんを対象にした労働保険の事務組合を作って従業員の労災保険や建築業事業主の特別加入事務をおこなっていますので、必要な方はぜひご利用ください。

国民健康保険で現場には入れます
国土交通省が平成24年に発行したガイドラインに関連して「今年の4月からは社会保険に入らないと建築の現場には入れないと言われた」「監督に『社会保険の証明がいる』と言われて困っている」など民商にも相談が寄せられています。
民商・全商連は早くからこの問題を取り上げ運動をおこなってきましたが、この4月に国土交通省は「加入義務のない保険に加入することまで求めていない」との文書を出しました。
文書はアドレスでご覧いただくか、民商事務所にありますので是非活用してください。また、現場で困っている方がいましたらお渡しください。

「ガイドライン」取扱いについて
http://www.mlit.go.jp/common/001179858.pdf
資料
http://www.mlit.go.jp/common/001179886.pdf