11月6日、名古屋東部民商では名古屋北法律事務所・千種事務所の伊藤勤也弁護士を講師に招いて「マイナンバーの学習会」を開催しました。
 マイナンバーの制度や運用、これからの計画とともに中小業者にとって必要な対策なども講義のなかで時間をとって説明をしていただけ大変わかりやすい学習会となりました。
 この日の参加は会員や商工新聞読者など9人が参加、質疑の時間には「書類にマイナンバーの記載をしないと罰則があるのか」「従業員に番号の提示を断られたら強制できないよね」などの意見や「番号を振られることが嫌!何とかやめにさせたい」などの意見や感想が出されました。
 マイナンバーの学習会は愛商連でも開催しますので是非ご参加ください
 また、名古屋東部民商でも適宜学習会を開催していく予定です