小法人・小規模事業者の相談はどんなことでも民商へ!

申告・税金

税務調査は民商の仲間とともに!

一般的な税務調査は裁判所の令状のない「任意調査」です。
しかし、国税通則法がかわったあとも「突然、税務署員が来てレジをあけろと言われた」「ささいな間違いを理由に多額な税金を課せられた」「税務署に『申述書』を強要された」など、納税者のことを考えない強引な税務調査が行われています。

わたしたち民商は調査をうける業者の納税者としての権利が保障され、安心して調査を受けることのできる環境を求めることは当然の権利だと考えています。

民商では、税務調査対策会を開催して、納税者の権利を学び、人権無視の調査が行われないように、仲間どうしの立会を行っています

税務調査で泣き寝入りをする前に民商と一緒に税務署・税務調査に挑んでいきましょう。

白色申告も記帳義務かされます。

2014年から白色申告も記帳が義務化されました。

民商は「白主計算・白主申告」で、納得できる確定申告をすすめています。そのための簿記教室やパソコン会計講座を開催。消費税や決算学習会なども随時行っています。

年末調整も安心

従業員さんの所得税の計算も大変ですよね、民商では特例納付を行っている人対象にした記入会を7月に開催するとともに、年末には「年末調整の勉強会」「書類の記入会」を開催しています。

滞納の相談も民商で

民商では毎月末に「いっせい納付相談・行動日」にとりくみ、「滞納税額の納付」「申告書の提出に」など理由はちがってもみんなで税務署へ行きます。

「滞納をつづけてしまったが民商と一緒に交渉し納付計画を作成できそう」「一人では高圧的に税務署に言われてしまうが、みんなと一緒なので安心できた」と大変好評です。

あなたもぜひ民商の仲間と一緒に税金の徴収から生活と営業を守りましょう。

 

商売のどんなことでもお気軽にお問い合わせください TEL 052-711-5221 時間 9:00 - 17:00(土・日・祝日除く)

  • facebook
相談は民商へ
相談は民商へ
PAGETOP
Copyright © 名古屋東部民主商工会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.